PMSとピルの関係性

小さいことでもなんだかイライラする、あるいは気分が沈んでどうしようもないなど、女性は生理前になると気持ちが不安定になりがちです。

それに加えて、頭痛や腹痛、吐き気や腰痛など体の不調も出てくるので、生理前は女性にとってつらい時期でもあります。
そんな体の不調や心が不安定になるのはPMSによるものです。
ittaiyo
PMSは生理前症候群とも呼ばれ、妊娠することなく使わなくなった子宮内膜が剥がれる際にホルモンバランスが崩れることによってこのような症状が出ます。

症状の出方は人によって様々であり、あまり気にならない人から布団から起き上がるのもつらい人もいて、なんとか改善できればと思われる人もいることでしょう。

つらいPMSの改善には、低用量ピルがおすすめです。

ピルって、避妊するためのものではないのと思われるかもしれませんが、実はピルの服用は女性特有の体や心の様々な不調を改善してくれる作用があります。

ピルには女性ホルモンであるエストロゲンとプロゲステロンが多く含まれているため、ホルモンバランスが崩れることによって現れる体や心の不調をピルを服用することで改善できるのです。

PMSだけに限らず、子宮内膜症や月経困難症、更年期障害の改善などにも良い作用を与えてくれます。

また、継続的に服用することで卵巣がんや子宮体がんの発生リスクを軽減する効果もあり、PMSだけでなく病気の予防にもピルは非常に効果的な薬だと言えます。

ピルは、婦人科などで検査を受けて服用するのに問題がないと判断されれば処方してもらえますが、基本的には保険適用外です。
しかし、PMSの症状があまりに重くて病気だと判断されれば保険適用ができるので、比較的安く手に入れることができます。

それ以外に、ピルを服用すると生理周期も調整できるようになるので、もともと生理不順な人や旅行の予定などで整理と重なりたくない場合にはずらすこともできるなど、多くのメリットが存在するのです。

つらいPMSや生理痛でもう悩まされたくないという人は、一度婦人科で相談してみるのはいかがでしょうか。

参考:PMSサプリメント完全ガイド※イライラなど生理前症状を改善!

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>