精力剤によく入ってるアルギニンの効果とは?

アルギニンはアミノ酸の一種で、非必須アミノ酸に分類され、体内でも合成できるアミノ酸と言われています。しかし近年の忙しい社会人には、アルギニンを効率よく摂取できる食生活は難しいため、サプリメントなどで栄養素を補うのが常識となっています。アルギニンは骨や筋肉組織などいたる所で使用される重要な栄養素で、成長ホルモンの分泌を促進させ、子どもの骨の成長や筋肉増強、脂肪細胞の燃焼を効果的にする働きがあります。また体内の一酸化窒素(NO)の生成を高めることで血管拡張作用が起こるため、血流改善によるアンチエイジング、疲労回復、免疫力向上などがあり、海綿体に流れ込む血液量を増やす事で勃起機能の改善が見込まれ、精力剤としての効果も期待されています。

加えてアルギニンが生成を促す一酸化窒素は、勃起に必要な物質であるcGMPを活性化させる効果があるため、勃起力を高める精力剤として有効です。その他にもコラーゲンの生成を促進して肌にハリを与えることができるので、脂肪燃焼の効果と合わせて女性の美容にも非常に良い結果をもたらします。これだけ素晴らしい栄養素であれば、アルギニンを摂取することはとても良いことですが、アルギニンは1日の摂取量が約2,000~4,000mgとされていて、過剰に摂取すると臓器に異常を起こします。

アルギニンは強いアルカリ性のため、多量に飲むことで胃痛や下痢などの症状が出るほか、腎臓に障害が起こることもあります。とはいえ経口摂取によるアルギニンは非常に吸収率が悪く、4割程度しか体内に使われず、残りの6割を尿などで排出してしまうと言われています。また同じアミノ酸であるシトルリンは体内でアルギニンへと変換されるため、摂取する場合はシトルリンが良いとされています。しかし直接アルギニンを摂取することで、細胞増殖を促進する効果によって、精子の生産量を効率的に増やせるので、精力剤を利用することはとても有効なことだと言えます。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>