シトルリンの働き・効果について

3koシトルリンには血流を改善する作用がありますが、血管を拡張する働きのある一酸化窒素の生成を高めるサポートを行ってくれる成分です。人の体は血管内皮細胞から一酸化窒素を作り出すことでしなやかに血管を広げ、様々な栄養素や酸素が含まれている血液を体の隅々まで流すことを可能としています。しかし、生成する機能が落ちれば一酸化窒素の量も減ってしまい、血液の流れが滞りがちになり、コレステロールなども付着しやすくなってしまうため、動脈硬化など色んな病気にまでなる可能性があります。

シトルリンはスイカから発見されたアミノ酸の一種で、皮の部分に多く含まれています。普段スイカの皮の部分は食べずに捨ててしまうところですから、シトルリンを得たいときにはサプリメントなどから得るようにすべきです。血管の拡張効果で血液の流れが良くなることで、むくみや冷えが改善されますし、アンモニアを肝臓内で分解し排出するのにシトルリンが役立ち、一酸化窒素が筋肉の痛みを抑制する効果などがあるので、疲労回復効果も期待が持てます。体の成長を促すホルモンにもシトルリンは働きかけるため、筋肉を増強したいと考えている人も摂取を行えば効率的に増やすことも可能となります。

血流の改善は脳にも良い影響を与え、集中力や記憶力の向上にも期待が持てます。血液の流れが良くないと、脳の精神疲労蓄積が起こり、その結果集中力が低下することが分かっていて、血流量を改善させることが対応策となっています。

アミノ酸は肌の保湿に欠かせない天然保湿因子を構成するのに必要な成分であり、シトルリンにより構成が上手く行われ、肌の保湿機能が働き潤いが保たれるようになります。血流改善が新陳代謝を活発化して肌細胞の生まれ変わりもスムーズにしてくれるため、肌荒れを改善させたいときにもシトルリンは得ると良い成分です。

体質や病気によってシトルリンを摂取しないほうが良い人もいますから、アレルギーや病気を患っていたり、手術を受けた人などは医師と相談してから取り入れるべきです。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>