コレステロールの数値が上がってしまう原因

食事の習慣が極端に偏っていれば、コレステロールの数値が高まり、同時に血流もドロドロに変化していきます。特に問題なのは、高脂肪な食事に偏ることですが、野菜不足が重なると状態がさらに悪化します。動物性の脂分は飽和脂肪酸となるために、食べ過ぎればコレステロールの過剰な上昇を引き起こしやすくなります。肉を食べる量は抑制しながら、良質な脂肪分を含む魚や植物油を料理で使っていくことが理想です。
gabin
脂肪が過多な食事習慣が慢性的となり、同時に運動不足も重なれば、コレステロールは間違いなく上昇していきます。運動をほとんどしていない習慣であれば、食事量は少なくするべきですが、食欲という快楽に負けてしまうのが実情です。多少は食べ過ぎてしまっても、十分に運動をしていれば、コレステロールは安定する性質があります。現代人は慢性的な運動不足に陥りやすく、同時に肉食中心の食事をしているのですから、コレステロールを上げてしまう原因を無意識のうちに作っていることになります。

コレステロールを下げるための食事は、多品目の食材で作るようにすれば、栄養の偏りはなくなっていきます。タンパク源を肉類だけに求めることはせずに、大豆食品を豊富に取り入れることが重要です。納豆には血液をサラサラにさせる効果があり、脂肪分も少ない利点があります。肉の代わりとして、豆腐や油揚げを主菜として使えば、コレステロールの過剰摂取を効率よく防げます。

毎日の食事習慣には、具だくさんの味噌汁を加えることもおすすめです。味噌汁に根菜をたっぷりと入れることで、食物繊維や酵素の働きが活発となり、健胃や整腸作用が促進します。具材が豊富な味噌汁があれば、食事中の満腹感が早く得られ、余計に食べ過ぎてしまうことがなくなります。

コレステロールを下げるためには、サラダや漬物から水溶性食物繊維を摂取することも大切です。主菜よりも先に野菜を食べれば、コレステロールや糖質の吸収も抑制できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>